オーストラリアへの高校留学に選ばれることの多い滞在方法について解説していきます。
この国は英語圏の国としてイギリスやアメリカと並び、留学先として人気があります。
ここで1つの重要な問題となるのがどうやって泊まるかということです。
泊まる場所が確保できていなければ、安心の日々を過ごすことは出来ません。
そこで選ばれることが特に多い手段について、詳しい内容を解説していくので是非ともお読みいただければ幸いです。

オーストラリアへの高校留学で選ばれがちな滞在方法

オーストラリアへの高校留学で選ばれがちな滞在方法 高校留学の際には滞在方法が重要となります。
オーストラリアには高校留学として人気の学校などがありますが、滞在場所については心配という方も多いのではないでしょうか。
そこで特によく選ばれているのがホームステイです。
ホームステイは費用があまりかからないことに加え、そこの家族との会話をすることが英語の勉強に繋がります。
オーストラリアはホームステイが親しまれているのでその準備を整えている家庭も多くあります。
その他には寮生活をする方もいます。
寮生活の場合にも費用を抑えることが出来ます。
ただし、寮は用意されている部屋数に限りがあるので、留学を検討している方はなるべく早めに空き状況について確認することをお勧めします。

オーストラリアへの高校留学の滞在方法と学校の選び方

オーストラリアへの高校留学の滞在方法と学校の選び方 オーストラリアへの高校留学の長期の留学プランには、大きく分けて「交換留学」と「私費留学」の2種類があります。
交換留学は、その名の通り文化やお互いの国のことを交換するという意味で、コミュニケーションをとる相互理解や文化交流を目的としています。
実施するのは日本の学校や留学団体などで、留学する地域や学校などは団体側が決定して派遣されることになります。
派遣には選考試験があり、英語力と適性を試されます。
合格しなければ留学することはできません。
留学期間は1学期、あるいは1年で現地の学校に合わせて設定されています。
参加できる人数に限りがありますが、公立高校に通いながらホストファミリー宅に滞在するケースが多いので、費用があまりかからないのが特徴です。
私費留学は、日本の高校を休学し私費で現地の学校に留学することになります。
期間は、数ヶ月から3年も可能です。
自分で国や地域、学校などを決めることができます。
交換留学と異なり英語力は問われず、書類審査のみの学校が多いです。
ただし、授業料やホームステイのお金など交換留学よりも費用が必要になります。
学校は公立と私立が存在します。
公立は地元の学生が多く通っていますが、人数が多いので自分から積極的に行動する必要があります。
私立の場合人数が少なめで、留学生用のサポートがある学校が多く見られます。
高校留学での主な滞在方法は、ホームステイか寮です。
ホームステイでは、その国の文化や日常の細かい部分まで体験することができます。
寮では、同世代のクラスメイト達と過ごすことになり、自主性だけでなく将来につながる人脈を作ることもできます。

オーストラリアの公立高を利用した高校留学

オーストラリアの高校の8割から9割は公立で、私立高校の数は非常に少ないといわれています。一般的に、日本の中学を卒業してから3年から4年間はオーストラリアでの学校生活を送る留学と日本の高校を休学して高校留学を行うなどの方法があるようです。休学して高校留学する場合には、留学期間内に単位を認めて貰える交換留学もあるため、これを利用することで3年もしくは4年間の学校生活だけで卒業を迎えることができるわけです。 卒業を目指す留学のときには、初年度にかかる費用と2年後以降にかかる費用で若干ではあるけれども差があるため事前に費用のことを確認しおくと安心に繋がります。なお、観光地でも有名なケアンズやゴールドコーストのあるクイーンズランド州に最大の都市でもあるシドニーなど、他にも世界の中で最も住みやすい都市として7年連続で1位になっているメルボルンがあるビクトリア州など、高校留学の先を色々選べるのも魅力ではないでしょうか。

高校留学でオーストラリアの私立はどうなのか

高校留学といえば将来の可能性を広げる選択肢の1つですが、オーストラリアも人気で有力な選択候補になるのではないでしょうか。オーストラリアは公立高校の割合が多い傾向ですが、私立の選択肢もあって高校留学の道の1つになっています。私立は男子校や女子校が豊富で選びやすく、キリスト教を始めとした宗教系が明確ですから、しっかりと入りたい学校を選んで高校留学を決めることができます。また日本人の留学者が多く日本語の情報も充実していますから、具体的にどのような雰囲気の中で過ごせるか、事前に確認してから検討を進められます。当然ながら公立よりも費用は上回りますが、その分質の高い設備や講師、環境を手に入れることが可能です。実際のところ、費用が安くても公立を選ぶ人は決して多くありませんし、費用の安さよりも質を重視する人の方が多いわけです。高校留学は単なる思い出作りではなく、将来を見据えて可能性を広げる為に挑戦するものですから、費用が掛かるとしても質重視で検討するのが良いのではないでしょうか。

もっと高校留学について知りたい

高校留学 オーストラリア